<kbd id="aoxr6o58"></kbd><address id="f7ckpgs4"><style id="136qytyb"></style></address><button id="70i18pxi"></button>

          キケンな恋愛模様がここに…!三角関係を描く恋愛映画

          二股、不倫…。その行く末とは?

          image
          Aflo


          nginx


          ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がCOSMOPOLITANに還元されることがあります。

          『それでも恋するバルセロナ』(2008年)

          500 Internal Server Error

          AMAZONで詳細を見る

          1 of 7
          『ベスト・フレンズ・ウエディング』(1997年)

          ラブコメ映画の2大トップ女優、ジュリア・ロバーツとキャメロン・ディアスの共演作。「やっぱりこの人じゃなきゃ嫌!」という執着心と負けず嫌いなジュリアンの姿に共感する女性も多いはず。「あの時にこうしておけば良かった…」と後悔しない為にも、プライドを捨てて素直になることの大切さを教えてくれる作品です。

          AMAZONで詳細を見る

          2 of 7
          『Black & White/ブラック & ホワイト』(2012年)

          リース・ウィザースプーン演じるローレンスを自分のものにしようと、盗聴器や小型カメラ、麻酔銃を使うなどCIAの職権を乱用して相手の恋を邪魔をする姿は、桁違いのスケールで爆笑必至。クリス・パインとトム・ハーディのイケメン同士の恋の大戦争をご堪能あれ!

          3 of 7
          『恋しくて』(1987年)

          学園のマドンナ、アマンダ役のリー・トンプソンと、ワッツを演じたメアリー・スチュアート・マスターソンの対照的なかわいさは、いつまで経っても色褪せない魅力があります。恋する思いをストレートに伝えられないもどかしさに、10代の時の頃のピュアな気持ちを思い出すはず。

          AMAZONで詳細を見る

          4 of 7
          『華麗なるギャツビー』(2013年)

          F・スコット・フィッツジェラルドの不朽の名作「グレート・ギャツビー」をレオナルド・ディカプリオ主演で映画化した『華麗なるキャツビー』。毎晩のようにパーティを主催する正体不明の大富豪ギャツビーと、美しき既婚者デイジーとの恋愛の行方が、デイジーの親戚ニックの視点で描かれれいます。

          極貧の育ちだったギャツビーは、デイジーに出会って心を奪われてから自力で富を築き上げます。豪邸も派手なパーティも、全て彼女のためだけを想ったものでした。けれども、やっと再会できたデイジーには夫がいることが発覚。更に、デイジーの夫トムにも愛人がいて、物語は複雑になっていきます。

          ゴージャスな演出とは裏腹に、繊細さと孤独さを持つギャツビーのコントラストが見どころ。花火が打ち上げられるとともに姿を現すレオ様の登場シーンは、息をのむほどゴージャスで完璧です!

          AMAZONで詳細を見る

          5 of 7
          『女と男の観覧車』(2017年)

          500 Internal Server Error

          脚本家志望でハンサムなミッキーに溺れていく既婚者のジニーは、マンネリ化した日常に嫌気がさし、ときめきを求めるがゆえに危ない橋を渡ってしまいます。今まで幾度となく「男女関係のこじれ」を描いてきたウディ・アレン監督の世界観が満載の、男女の喜劇の集大成がここに!

          AMAZONで詳細を見る

          6 of 7
          『さよなら、僕のマンハッタン』(2017年)

          『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督が手掛けた『さよなら、僕のマンハッタン』。

          大学を卒業して一人暮らしを始め、平凡な毎日を過ごすトーマスにとって、隣に越してきた風変わりなジェラルドは良き相談相手でした。ある日、片思い中のミミとナイトクラブを訪れた時に、父親とその愛人に遭遇。彼らをどうにか引き離そうとしているうちに、愛人ジョハンナの魅力に心が揺れ動いてしまいます…!

          ケイト・ベッキンセールが演じる父親の浮気相手のジョハンナと、隣人のジェラルドとの出会いは思いもよらない展開をもたらし、トーマスを大きく成長させてくれることに。映画の原題となたサイモン&ガーファンクルの曲「The Only Living Boy In New York」をはじめとする、70年代の音楽も堪能して。

          AMAZONで詳細を見る

          7 of 7
          ADの後に記事が続きます
          More From 映画

          ADの後に記事が続きます







              <kbd id="e49cv1o7"></kbd><address id="qh9w5w9z"><style id="b6lb67je"></style></address><button id="7besb6as"></button>