<kbd id="aoxr6o58"></kbd><address id="f7ckpgs4"><style id="136qytyb"></style></address><button id="70i18pxi"></button>

          メーガン妃が自ら購入!新しい指輪に込められた思いとは…?

          ジュエリーコレクションに、2つのリングが仲間入り♡

          メーガン妃 ヘンリー王子
          WPA PoolGetty Images

          メーガン妃が持つジュエリーコレクションに、どうやら新たに2つのゴールドのリングが加わった模様。これらのリングは、非常に重要な意味を持つんだとか! 10月25日(現地時間)、『世界ユースサミット2019』の一環として、ウィンザー城で開催された男女平等に関する討論会に出席したメーガン妃。この日の彼女の装いについてはすでに様々なメディアで詳しく報じられているが、『ピープル』誌は、妃がつけていた2つのリングに注目。同誌によれば、リングはどちらも、カナダ・モントリオールに拠点を置き、収益を寄付することで絶滅の危機に瀕した動物の保護活動を支援するジュエリーブランド、ヴァルガス・ゴテオ(Vargas Goteo)のもの。同ブランドの共同創業者、ヴァルガス・ゴテオによると、メーガン妃はこれらのリングを自分自身で購入したとのこと!

          1つは「マンタ・キス・スタック・リング(Manta Kiss Stack Ring)」で、慈善団体「マンタ・トラスト(Manta Trust)」をサポートするもの。もう1つは、同ブランドのコレクション「ハイ・シーズ(High Seas:公海)」のジュエリー「ボウ・ノット・リング(Bow Knot Ring)」だという。

          メーガン妃 ヘンリー王子
          サミットに参加したメーガン妃&ヘンリー王子夫妻
          Getty Images
          メーガン妃 ヘンリー王子
          Getty Images

          ヴァルガスと、デザイナーのアレックス・プリジック・スミスが2010年に立ち上げたこの「ヴァルガス・ゴテオ」は、ジュエリーを通して「密猟され、違法に取引され、無責任に調達源とされた野生生物の保護に関心を向けてもらうための活動」を行っている。さらに、「倫理的で、社会的責任を果たすファインジュエリー」であることを重視する同ブランドは、サステイナビリティの問題にも重点的に取り組んでいるそう。

          ブランドのウェブサイトによれば、「コレクションはいずれも(同ブランドが)慎重に選んだ海洋・野生生物の保護活動の認知度を高めるとともに、それらに直接的に貢献するもの。支援の対象とする活動には、マンタの保護やサンゴ礁の修復、フカヒレ漁や象牙・サイの密猟の禁止などが含まれる」という。

          メーガン妃が身につけたことで、売り上げと動物保護の貢献になるのは間違いなし。今後も、妃の意識の高いファッショナブルな着こなしに期待!

          ※この訳は抄訳です。

          Translation:Hearst Contents Hub

          Harper’s BAZAAR

          500 Internal Server Error

          Internal Server Error

          The server encountered an internal error and was unable to complete your request. Either the server is overloaded or there is an error in the application.

          ADの後に記事が続きます

              <kbd id="e49cv1o7"></kbd><address id="qh9w5w9z"><style id="b6lb67je"></style></address><button id="7besb6as"></button>