<kbd id="aoxr6o58"></kbd><address id="f7ckpgs4"><style id="136qytyb"></style></address><button id="70i18pxi"></button>

          太ってちゃダメ?自分の体型を受け入れる考え方

          ボディイメージと格闘した、ある女性の実体験。

          Tara MooreGetty Images

          自分の体型に自信を持てず、いつも「痩せなきゃ」「ダイエットしなきゃ」「ジムに行かなきゃ」と追い詰められている…そんな人は多いはず。ボディイメージを気にするのは、ある意味普通のこと。しかし、それにとらわれすぎると大きなストレスとなり、ネガティブな思考に支配されることに。

          ロンドンを拠点に作家、コメディアン、活動家として幅広く活動しているソフィー・ハーゲンさん(30歳)も、長年にわたりボディイメージと格闘していた1人。しかし、現在はその闘いを終え、自分の体型を受け入れているそう。そんなソフィーさんが語った「自分の体型を受け入れるヒント」を<Good Housekeeping>からお届け。「太っている」という言葉の意味を分析し、論理的に開放される方法を説いています。

          語り:ソフィー・ハーゲン

          This content is imported from Instagram. You may be able to find the same content in another format, or you may be able to find more information, at their web site.

          どうしたら自分の体を愛せるの?

          考え方を変えるだけでいいんです。

          もし、「太っていることは悪いこと」と信じていたら、あなたは一生を恐怖と共に過ごすことになってしまうかも。食事の度に恐怖を感じ、制限だらけのネガティブな人生を歩むことになるのです。「痩せていたい」という願望のために。

          ほとんどの人は、太っているよりは痩せていたいと思っているはず。それは私たちが「痩せている方がいいし、幸せに決まっている」と教えられてきたからでしょう。ダイエットの広告に登場する、細身の美しい女性を見てください。サラダ片手に笑っていますよね? でも、彼女たちが幸せかどうかは別の話です。

          さて、ここで質問。野菜や味のないダイエットフードしか食べられない「制限だらけの食生活」に毎日に、幸せを感じられる? 

          痩せていることは幸せの条件ではないのです。

          「痩せている=幸せの条件」ではありません。

          「痩せている=快適な生活を約束される」ではありません。

          「痩せている=人に愛され、必要とされる」ではありません。

          「痩せている=セクシー&ビューティフル」ではありません。

          痩せなくてはヨガ教室に通うのも気が引けるし、プールで泳ぐのも恥ずかしい…と思うのも間違い。水着もクロップトップも、痩せないと着られないものではないはずです。

          あなたが「痩せなくてはならない」理由なんて、ないのです。

          正しく理解する

          自分の体型を受け入れるファーストステップは、「太っていることは悪いことではない」と知ること。とてもシンプルなことだけど、これが実に重要なポイント。

          この世の中には、「太っていることは悪いこと」という印象が刷り込まれています。たとえば、「私、太っているから」と誰かに言ったとします。すると誰もが「そんなことないわ」と答えるでしょう。でも、私は太っているんです! つまり、人は誰かに「太っている」と言うことさえにも罪悪感を感じるぐらい、「肥満は悪」だと認識してしまっているわけ。

          しかし、この認識は間違い。そしてこの間違いに気づくことが、ファーストステップなんです。

          もうひとつ、「太っている=美しくない、醜い」という考え方も浸透しています。

          美に対する認識は大きく分けてふたつあります。ひとつは社会が「美しい」と判断した美しさです。この考え方で世の中を見る場合、社会が「美しい」と判断したカテゴリーに当てはまらない人は、差別されてしまうのです。いわゆる「美しさ」の定義はこの世に浸透しているため、幼い頃から無意識にその価値観を植え付けられています。これによって「太っていることは良くないこと」と考えられ、社会が決めた「美しさ」を客観的で正しい価値観だと定義づけられてしまっているのです。

          もうひとつは、個人による美意識(美に対する認識)です。これは主観的な感覚なので、一般社会において、人は社会的価値観の方を優先してしまいます。しかし脳内では自分の価値観が生きており、太っている人のことを美しいと思う人も多いのです。

          私にとって「美しくあること」はとても重要であり、固定観念から開放されるまでずっととらわれていたものでした。しかし、考えを変えたとき、鏡に映る自分が違って見えたのです。「以前と同じ自分なのよ」と言い聞かせても、違って見えました。突然、今まで大嫌いだった自分の体を、美しいと思えるようになったんです。

          誰もが同じものを同じように「美しい」と感じるなんて、本来ありえないこと。そんな当たり前のことに、初めて気づいたのです。

          まず、これまで社会から押し付けられていた美の価値観を捨て去ることが大切です。そして何より、自分自身を社会の価値観で判断することをやめましょう。

          「太っている」という言葉を「自分の言葉」として使えるようになることは、私にとって自分を愛するために重要なプロセスでした。これまで「太っている」という言葉は、私自身を傷つける武器のようなものでした。しかしこの言葉を受け入れ、自分を形容するときにあえて使い、またネガティブな表現として使うのをやめたとき、見える世界が変わりました。それはまるで、今まで自分に向けられていた銃をつかみ返し、そのまま敵の背中にぐるりと銃口を向けたように、「勝った!」という気持ちになったんです。

          難しい意識変革のように聞こえるかもしれませんが、実はあまり難しいことではありませんでした。

          本来、「太っている」という言葉にネガティブな意味はありません。私は何度も「太っていることはネガティブなことではない」と、繰り返し声に出して言ってみました。社会に蔓延する肥満への恐怖から、「太っている」という言葉はネガティブなイメージを植え付けられています。「太っている人」は、脂ぎった人、怠け者、自分勝手な人、知性のない人、人をイラつかせる人、邪悪者、魅力のない人―― 大なり小なりそんなイメージがあるはずです。しかし本質的なことに立ち返れば分かるように、「太っている」と言う言葉には何もネガティブな意味は込められていないのです。ただ(太っているという)体型を形容するための言葉でしかありません。

          あなたを傷つけてきた「太っている」という言葉には何ら悪い意味はなく、ただ事実を伝える単語なのです。背が高いとか、赤毛だとか、Tシャツの色が紫だとかと同じように、美醜を評価する価値基準とは無縁のものなのです。

          私は「太っている」ことで、傷つく必要はないことを知りました。「太っている」という言葉は、通りすがりの人だけでなく、家族、そしてネット上に存在する「誰かを傷つけよう」という意図をもって攻撃してくる人も含め、多くの人から投げかけられるものです。でも、ちょっと想像してみてください。毎日家を出るたびに、誰かがあなたの顔をめがけてシナモンロールを投げつけてくるとします。しばらくの間、あなたはシナモンロールのことも嫌いになるでしょう。しかしシナモンロールを上手にキャッチする方法を覚えたら、シナモンロールを後で美味しく食べることもできるし、投げつけられることで傷つくこともなくなるはずです。「シナモンロールをたくさんもらえるから、美味しく食べよう」というだけのことです。

          このように「太っている」という言葉を受け入れ、ただの形容詞、もしくはあえて良い意味で使うようになると、傷つかなくなるのです。少し時間はかかるかもしれません。でも、言葉は使えば使うほど、あなたの言葉としてなじんでくるはずです。美味しいシナモンロールと同じように。

          この翻訳は、抄訳です。
          Translation: 宮田華子
          GOOD HOUSEKEEPING

          This content is created and maintained by a third party, and imported onto this page to help users provide their email addresses. You may be able to find more information about this and similar content at piano.io
          ADの後に記事が続きます
          More From ダイエット

              <kbd id="e49cv1o7"></kbd><address id="qh9w5w9z"><style id="b6lb67je"></style></address><button id="7besb6as"></button>