<kbd id="aoxr6o58"></kbd><address id="f7ckpgs4"><style id="136qytyb"></style></address><button id="70i18pxi"></button>

          知っておきたい!美しい肌へ導く「スキンケア」の極意10

          「顔も身体もそして心も、一緒にケアすることが大切」

          image
          Getty Images

          image
          Getty Images
          顔だけでなく、全身から

          「スキンケアというと“お顔だけ”と思っていませんか? 顔もカラダもそして心も、一緒にケアすることが大切」と鶴岡先生。

          「皮脳同根という言葉がありますが、皮膚と脳は同じ細胞から生まれていると言われています。従って、脳=心の状態はそのまま肌に反映されるのです。心や体が疲れていると当然肌にも顕著に疲れが現れ、トラブルが起こります。不安要素がない時には、肌が輝いているのです」

          1 of 11
          image
          Getty Images
          鏡を見るとき、肌トラブルではなくまず“表情”をみる

          鏡を見るとき、どこに目が向いている? シミやシワなど、細かな肌悩みに捉われないで!

          「お顔の“表情”を見てください。自分が過ごした今日の1日、嬉しかった、イライラすることが多かった、忙しかったなど、どんな風に過ごしたかが表情に残ります。そして表情と同じように肌は、良いことがあった日にはツヤツヤしますし、逆に悲しいことがあったり失敗した、という日はくすんでいるはずです」

          2 of 11
          image
          Getty Images
          コスメを使う前に、心とカラダを元気にする

          500 Internal Server Error

          「カラダも同じようにケアをすることが大切です。例えば、目が疲れていたら目を優しく押さえたり、考え過ぎた日は頭を軽くマッサージする、足の指を1本ずつもみほぐしてあげるなど、入浴の時間を利用して自分をいたわってあげてください」

          3 of 11
          image
          Getty Images
          肌が元気になったら、コスメの出番

          「このようなケアにより、心とカラダが元気になれば、肌は自然と輝きます。 コスメの出番はその後です。シミやシワに働きかけるコスメを使ったり、保湿をしっかりすることで、肌は喜び、もっと輝き美しくなります」。

          最近では、このスキンケアの正しい知識が見失われ、コスメの“成分”だけに頼ろうとする傾向が気になるという。


          nginx

          4 of 11
          image
          Getty Images
          手を大切に使う

          全身のケアには、手を使うのがおすすめという。

          「手にはエネルギーがあり、いたわる力が備わっているからです。“手当”といって、当てるだけでも治癒させる力があるのですから、手を使いましょう。自分の疲れたところ、傷んだところに積極的に触れたり、マッサージすることを習慣にしてください」

          5 of 11
          image
          Getty Images
          クレンジングで、肌を優しくいたわる

          500 Internal Server Error

          6 of 11
          image
          Getty Images
          肌が疲れていたら、クリームで包帯ケア

          「心やカラダをケアしても肌がなかなか元気にならないときには、高機能クリームでなく、保湿クリームで肌に包帯を巻くように優しくケアをするだけにしましょう。肌はしっとりと落ち着いていきます。疲れているのに何品も使ったり、攻めのケアをしても“消化不良”を起こすだけです」

          7 of 11
          image
          Getty Images
          コスメは“心地よい”と感じたものを選ぶ

          「脳と皮膚は同じセンサーですから、心地よいと感じたら肌は喜びます」と鶴岡先生。コスメ選びの大前提は“心地よさ”という。

          「コスメの進化は今目覚ましいので、クオリティが高いものばかりですから、惹かれたコスメとの“縁”を大切にして、選んだ一品一品をていねいに、大切に使って肌を育てましょう」。

          ブランドも成分もどれがベストなのかは、直感を頼って自分のセンサーを信じましょう。

          8 of 11
          image
          Getty Images
          美容医療頼みにならない

          9 of 11
          image
          Getty Images
          毛穴ケアも、心身の健康から考える

          10 of 11
          image
          Getty Images
          お話を聞いたのは…

          スキンケアカウンセラー 鶴岡悦子先生

          「鶴岡先生に会って肌が変わった」「変わったのは、‟肌“だけではなく‟意識”であり、‟生き方“も」などと多くの女性たちから厚い支持を集めている。現在は「スキンケアサロン ひとやすみ」にて、スキンカウンセリングや美しくなるための講座を開催。鶴岡先生が手がけた化粧品「花凛潤」も好評販売中!
           
          ひとやすみ

          住所:東京都中央区銀座7-7-1 銀座幸伸ビル5F

          営業時間:10:00~19:00

          定休日:木曜

          tel. 03-5537-3322

          銀座の隠れ家サロン。スキンケアの知識やテクニックを学べるほか、ソワンなどのエステティックも行っている。

          text:Hearst Contents Hub

          11 of 11
          ADの後に記事が続きます
          More From コスメ

          ADの後に記事が続きます







              <kbd id="e49cv1o7"></kbd><address id="qh9w5w9z"><style id="b6lb67je"></style></address><button id="7besb6as"></button>